星野織部と藤堂見好

◎小姓から五千石の年寄に

 星野織部といえばと徳川宗春の寵臣としてあまりに有名、と思っていたが、現時点でwikipediaのページすらない。まずは、『稿本藩士名寄』を元に経歴を記す。

星野則昔  長之助 常四郎 此面 軍之右衛門 仁左衛門 藤馬 弥右衛門 司馬 織部 夢夕

星野七右衛門三男

年寄役  高五千石

妻ハ藤堂出雲娘隠居後離縁

一 正徳元年八月廿六日 新規 御目見

一 正徳三年五月廿一日 万五郎様御小性として召出

一 享保五年十月十二日 主計頭様御徒頭 御小性兼役

一 同十年八月廿八日 御用達並役

一 同十一年三月十二日 御用達本役

一 同十三年二月廿一日 御馬廻組

一 同十六年七月十二日 奥組

一 同年九月十九日 御歩行頭

一 同十七年正月十一日 御用人 都合八百石

一 同年二月六日 御側同心頭 都合千石 同心七騎

一 同年八月廿一日 年寄役 都合弐千石 同心都合十三騎

一 同年十二月廿八日 都合四千石

一 同十八年十二月廿九日 同心都合十五騎

一 元文二年正月十五日 同心都合二十二騎

一 同年十一月十九日 都合五千石

一 同四年四月十九日 隠居

  知行五千石の内八百石を同姓弥右衛門へ相続 生年が不明だが、「尾藩世紀」によると享保二〇(1735)年十二月晦日に年男の役を勤めた、というから翌年に三十七歳となる年男と考えると元禄十二(1699)年生まれで、宗春の三歳下ということになる。

◎家老、老中、年寄、執政の違い

 織部が年寄となったわけだが、要職を表す他の名称とどんな関係になるのか?

 一般的に老中と言えば幕府の要職で大名の家臣のトップが家老という認識と思われるが、尾張家に関する文書には家老、老中、年寄が要職を表す肩書としてよく登場する。同一の人物でも文書によって様々だし、史料が書かれた時代によっても違っているので一概に言えないが、筆者は下記のように使い分けている。

家老:成瀬、竹腰両家の当主に無条件に与えられる尊称。「御家老」と呼ばれる。

年寄:門閥家から選ばれる諸職の第一。だが「御年寄」とは呼ばれない。

老中:家老と年寄による評議体。個々のメンバーは「御老中」とも呼ばれる。

執政:老中の中で政務を取り仕切る執行役で、宗春の執政は成瀬大膳。他の老中は監査役。あるいは留守居として決済する。

加判の列:門閥家でないゆえ年寄の役に就任できないが最高意思決定機関のメンバーとして藩主が認めた者。継友の代の横井豊後守。幕府なら柳沢吉保か。

 名古屋市史には、成瀬、竹腰両家当主を「両家年寄」ともいう。両家年寄の下に、石河、志水、渡辺三氏の万石以上の年寄あり。家督の順を以て席を定む。両家三氏の年寄の外に、年寄数名を任ず、とある。

◎名家の創成

 あたかも年寄を出す門閥家は決まっていて五氏以外からは例外的に数名出すという規定かと錯覚するが、実際には五氏以外からの年寄の方が人数が多い。だからこそ、門閥勢力は保身を図らねばならず上記のような暗黙の規定を流布しようとしたのだろう。

 宗春の下で門閥以外から年寄となっているのは、織田長恒、横井豊後、そして星野織部だ。

 信長の血をひく織田家は名家だが、尾張家臣となったのは長恒の父の代だった。新参者だが二代続けて年寄となり、新しい名家となりそうだった。

 横井家は尾張家に古くから仕えているが、豊後は傍流のまた傍流だった。父は継友の小姓から出世して加判の列となったが、年寄にはなれずに他界した。宗春は子の豊後を年寄に引き上げた。折しも織田長恒が失脚した後釜だった。宗春は名古屋に居る時に豊後を江戸に遣り、宗春が在府の折は豊後を名古屋の留守居とした。元文三年五月末の宗春押込の際に名古屋で旧制に復することを触れたのはこの豊後だ。

 さて、上記の二人は先代から藩主の下での実績があったわけだが、織部にはない。それを一代で名家にしたいと宗春は考えたのだろう。知行と役職だけでは名家とは世間が認めない。さてどうやったか?

◎館を与える

「尾藩世紀」享保十八年

山村甚兵衛邸(東大手前)を借上られ、修繕の上、星野織部をして居住せしめらる。

 同様記事は同書の元文元年にもあるが、「金府紀較抄」が次のざれ唄を享保十九年に載せているから享保十八年が正しいと考えられる。

 星のもる司馬の庵(いおり)をふりすてゝ御しろの辰巳しかも能(よき)家

 星の見えるような柴のあばら家を去って御城の東南の良い家に転居した。「星の」は勿論星野。司馬は織部の別名の一つ。「辰巳」の直後に「しか」とあって「しかぞ棲む」かと思ったら「しかも能家」ときて喜撰法師も大笑いだ。

 あばら家に住んでいたわけではなかろうが、新たに与えられたのは御城の東大手門前の門閥家の宅地だ。山村氏は木曽衆で上松の関守として幕府にも仕えており、当主は永らく名古屋に住むことはなかった。

「元文三年名古屋図」(服部聖多朗/編,1959)より

 図左上の東大手門は石垣が現存する。織部屋敷は現在の名古屋拘置所あたり。石河家の南隣で同様に広い。

 織部にはこの他にも名古屋南部や幅下、知多の古見にも屋敷地が与えられている。

◎ 大名の姫を室とする

『稿本藩士名寄』によれば織部の妻は藤堂高虎の血をひく藤堂出雲家の娘だ。宗春は、これにより姻族に名門大名を得て星野織部家の家格を上げることを企図したのだろう。逆に見れば、大名から室を迎えるに相応しい館が必要だったのだろう。

『宗国史』藤堂高武の子にその名がある。

女子 名見好。尾州星野織部室。藤堂造酒丞廣精は織部の遺腹の子

 年齢が記されていないが、男子の高豊(享保二年生)と高文(享保五年生)の間に書かれているから享保十八年当時は十代の半ばで織部とは二十ほどの年の差があっただろう。

 「遺腹の子」とは穏やかでない。しかも姓は藤堂だ。すなわち、「隠居後離縁」した時点で宿していた子なのだ。織部は四十一歳で授かった子の顔を見る前に離縁させら、長兄の次男を養子とし身を寄せたのだった。

 男子が続けて夭逝して求心力を失った宗春と子ができても離縁せねばならなかった織部との対照は何とも皮肉にみえる。

 元文四年四月十九日 星野織部致仕、隠居

 「金府紀較抄」は同年五月四日 宗勝の名古屋入りの後に藤堂家の使者を特筆している。

 「御入部に付 諸国より使者有 其内藤堂和泉守殿使者大野木満足兵衛」

 『藤堂高虎家臣辞典 増補』(佐伯 朗/編)によると大野木満足兵衛は百五十石取りの大小姓だ。出雲守でなく和泉守とあるのは、見好の兄高豊は本家を相続し津藩主和泉守と名乗っていたからだ。

 これは想像だがこの時、満足兵衛が見好を駕籠に乗せ新藩主の入部に沸く名古屋から密かに引率していったのだろう。

 見好の口惜しさは察するに余りある

Please follow and like us:

尾州、公方に似たり

◎宗春を公方に推す落書
 学術論文から小説までいろいろな宗春関連の著作で、吉宗と張り合った宗春が庶民に人気があった、として引用される落書だ。かくいう筆者も使わせてもらった。良くできていて面白いのだ。

天下、町人に似たり。
尾州、公方に似たり。
水戸、武士に似たり。
紀州、乞食に似たり。

吉宗は米の相場に手を突っ込むから商人に似ていて、鷹揚に規制をなくした宗春は将軍の器量がある。水戸は武士に似ている。藩札を使って借金する紀州は乞食に似ている、という。町人、乞食に擬せられた将軍と紀州は堪らないだろうが、武士に「似たり」というのも皮肉になっている。ただ一人、尾州=宗春だけ評価が高い。

 これは、似ているものを挙げ連ねた似たり寄ったりという落書だという。落書とは落とし文ともいい、公然と批判できないから道に落として町の噂にして世論を作ろうという目的がある。今ならBBSにあたるだろう。ところがこの落書の載る史料が見当たらない。

◎レファレンス対応比較
 「元文世説雑録」「享保世話」「続談海」を探しても載っていないので、他の文献を公立図書館で教えてもらうことにした。以下、各図書館レファレンスの対応。
・東京都立図書館:東京に関係がない、と門前払いだった。天下とは徳川将軍のことなのに…。
・岐阜県図書館:他の史料をあげ、一応見たが見当たらず。
・愛知県図書館:かなり時間がかかったが見当たらず。なかったという結果は立派な成果だ。調査の労力を想うと感謝があるのみ。以下に転載する。

◎愛知県図書館からの回答
 回答が遅くなり申し訳ありません。
 メールフォームでお問い合わせいただいた件について、調査した結果は下記のとおりです。
 
 ご質問の「天下、町人に似たり。尾州、公方に似たり。水戸、武士に似たり。紀州、乞食に似たり。」という落書ですが、資料1の辞典及び江戸時代の落書・落首等を収集した資料2には収録されておらず、資料4~7のような落書について書かれたものでも取り上げられていませんでした(この他に資料20等がありますが、当館では未所蔵のため確認できていません)。
 また、この時代(享保~元文頃)の江戸の市井の巷談、あるいは各地の異聞雑説を編集したもので、狂歌や落書等も多数拾われている(大半は資料2に収録されているようですが)資料8~10や、江戸の市井の出来事が纏められている資料10等も念の為に確認しましたがやはり見つかりませんでした。
そこで、この落書を引用している文献があれば出典の情報があるのではないかと、資料11~19等、この時代及び徳川吉宗、徳川宗春についての資料を確認してみましたが、この落書の引用はありませんでした。これらの資料では、同じ資料の中でも落書の引用には出典のあるものとないものが混在しており、似たものとして「公方様は乞食に似たり、尾張は天下に似たり」という落書の紹介は見つかりましたが(資料11)、出典はありませんでした。なお、同時代の他の落書類の出典としてよく出ていたものの中に資料8~9がありましたが、それ以上に資料2からという引用も多いようでした。
 その他、この落書はインターネット上でも徳川宗春についての記事等でよく引用されているようですが、出典を掲載しているところは見当たりませんでした。

資料1『落首辞典』鈴木棠三/編(東京堂出版1982.9)
資料2『江戸時代落書類聚上巻』、『〃中巻』、『〃下巻』矢島隆教/編、鈴木棠三、岡田哲/校訂(東京堂出版1984.5)B917/ヤ/1-1~3(享保~元文の頃のものは主に上巻に収録)
※大正4年に書かれたものの翻刻。元の本はWEB上で公開されています。
「江戸時代落書類聚」惣目録、巻1~14、16~36巻(1915)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2608441
「江戸時代落書類聚残編. 巻1~5」(1915)http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2607331
資料3『江戸第7巻詩歌・随筆編』大久保利謙/編輯(立体社1982)p.385-422矢島隆教「落書類聚」(大正時代の雑誌の復刻より。落首中心に一部連載したもの)
資料4『落書日本史』紀田順一郎/著(三一書房1967)
資料5『日本人の諷刺精神落書とその時代背景』紀田順一郎/著(蝸牛社1980.12)(資料4の増訂新版)
資料6『東京の歴史』樋口清之/著(弥生書房1961)p.51~63「落書・落首」
資料7『巷談江戸と東京3』樋口清之/[著](芳賀書店1976)p.160~168「落書・落首」
資料8『日本随筆大成続別巻5(近世風俗見聞集5)』森銑三、北川博邦/監修(吉川弘文館1982.6)p.329~444「享保世話」
資料9『日本随筆大成続別巻1(近世風俗見聞集1)』森銑三、北川博邦/監修(吉川弘文館1982.6)p.69~360「元文世説雑録」
資料10『定本武江年表上』、『〃中』、『〃下』[斎藤月岑/著]、今井金吾/校訂(筑摩書房2003.10、2003.12、2004.2)『下』内「索引」p.312落書
資料11『吉宗と享保の改革』(教養の日本史)大石学/著(東京堂出版1995.9)
資料12『徳川吉宗と江戸の改革』大石慎三郎/[著](講談社1995.9)
資料13『規制緩和に挑んだ「名君」徳川宗春の生涯』大石学/編(小学館1996.11)
資料14『徳川宗春<江戸>を超えた先見力』北川宥智/著(風媒社2013.12)
資料15『徳川宗春』(新装改訂版)矢頭純/著(海越出版社1994.4)
資料16『近世名古屋享元絵巻の世界』林董一/編(清文堂出版2007.7)
資料17『『ゆめのあと』諸本考』安田文吉/著(名古屋市教育委員会1978.3)
資料18『新修名古屋市史第3巻』新修名古屋市史編集委員会/編集(名古屋市1999.3)p.205~280「第四章「享元絵巻」の世界」
資料19『名古屋叢書[正編]索引』、『〃続編索引』、『〃3編総目録・索引』名古屋市蓬左文庫/編集(名古屋市教育委員会1978.1、1972.3、1990)
資料20『落首がえぐる江戸の世相』秋道博一/著(文芸社2002.4)所蔵なし

 お待たせしてしまった上に、出典が判明せず申し訳ありません。
 以上、よろしくお願いいたします。

◎海音寺潮五郎蔵書
 Googleで「天下、町人に似たり」を検索すると「宗春行状記」「日本名城伝」など海音寺潮五郎作品が上位にある。小説「吉宗と宗春」にもこの落書は登場する。そこで氏の出身地の鹿児島県図書館にも問い合わせてみた。
 すると、海音寺潮五郎氏から寄贈された江戸時代関連の蔵書リストが送られてきた。一々調べられないのでそちらで調べてくれ、ということだろう。氏の死後に刊行されたものもあるので逐次増やされているのかもしれない。現在、鹿児島県図書館には海音寺潮五郎コーナーがあり、氏の蔵書の一部が展示されているようだが、蔵書リストは公開されていないようだ。例の落書の出典を探る上でこのリストは一応役立ったから、海音寺潮五郎研究者のためにもリスト(PDF)は下の画像にリンクしておく。

海音寺潮五郎蔵書リストpdf

◎三田村鳶魚作品は参考書
 海音寺氏が参考にしたのはリストにある「徳川の家督争ひ」の「楯をついた宗春卿」だと思われる。三田村氏もやはり出典を記していない。
 三田村氏は、しっかりと年号を明記しているにもかかわらず都合で時間軸を捻じ曲げている。例えば、安財数馬による吉宗暗殺未遂の顛末がそうだ。以下に順に抜き書きする。

「継友の御小姓であつた安財数馬という者がありました」
「継友は…享保十五年十一月に亡くなつてしまひました。ところがその亡くなつたあとで、御小姓の安財数馬が御鉄砲を一挺盗み出して脱藩した」
「八代将軍の日光御社参といふのは、享保十三年四月十三日に江戸を立つて…」
「松崎山といふ山なのですが、その中に数馬が潜伏して居りました」

 数馬はタイムマシンを使って過去に戻ったのだろうか?
 尾張家中には安財という家はない。徳川実紀にも狙撃の記録もない。全くの作り話だ。
 史料の裏付けのない寄せ集めの奇人宗春を伝えた面白おかしい読み物になっているのだが、そこには残念ながら人間宗春は描かれていない。ただ、噂話の羅列で常識では理解できない奇異な殿さま像があるだけだ。この狙撃事件をはじめ多くのネタを三田村本に拠っている海音寺氏の「吉宗と宗春」も理解不能な奇異な宗春像を再生産となっている。(さすがに年の矛盾には気付いたようで継友の頃の出来事として書かれている)
 放蕩を尽くして将軍の命を狙い、吉宗との闘いに敗れて蟄居を喰らった馬鹿者という宗春像は、勝者側の侍の酒飲話を集めた夜話とか燭談といった面白おかしく尾鰭を付けた噂話によるところが多いのだろう。宗春が著したことが確かな「温知政要」を読めば、命を狙うわけがないことはすぐに分かる。
 「宗春躍如」の参考文献リストに三田村鳶魚『江戸ばなし』第一巻とあるのは冒頭の落書を引用しているからだ。筆者としては、あくまでも史料を元に宗春の奇異に見えた振舞いの理由に迫ったつもりだ。果たしてそこには現代人なら理解可能な一本筋の通った人間宗春が実像があった。

Please follow and like us: